保育所の問題

潜在保育士について

  • 保育士不足が長年叫ばれ続けていますが、実際に保育士の資格を保有されていて、別の職業に就くという方も珍しくありません。実は保育士資格を保有していても、保育士として働かないという潜在保育士は全国に70万弱いるといわれています。

    実際には保育士資格を持っている人が大勢いる、つまり、人材不足という状態ではないともいえます。でもなぜ、人材不足となってしまうのか、他の職業に就く人が多くなるのか、それにはお給料面もありますが、保護者への対応がうまくいかないことが怖い、専門性を求められるようになっていて復職する気が起きない、お給料が相変わらず低く働くなら別の職業と思ってしまうなど、保育の仕事はしたいけれど不安があるという方が多いのです。

    今、保育士の資格取得が求められていますが、資格を取得されていても数年働いて別の職業に就くということになれば、実際には潜在保育士を増やすだけとなります。待機児童問題は難しい問題ですが、まずは保育士が給与面なども含めて、働きやすい環境を全国で整えることが必要と考えられます。

    保育士さんが保育というすばらしい仕事を、自分の理想の形で勤めることができるようになれば、また保育所の理想的な環境づくりに国が本腰をあげてくれたら、潜在保育士は今よりもずっと少なくなるのではないでしょうか。