保育所の問題

保育所の抱える給料問題

  • 保育士が働く保育所は、その施設によって違いがあり、保育所内の先生同士が仲良く、また規律が正しく運営されている所は雰囲気もいいです。先生同士のコミュニケーションや、新米保育士さんをどう成長させていくかという教育について等、保育所は様々な問題を抱えています。

    保育士として働く方々に保育所の問題とは何かというと、即座に返ってくるのは人材不足です。結婚されている保育士さんもいますので自分のお子さんの運動会や参観日などはできる限り参加したい、でも自分が休めば変わりがいない、保育所の先生たちに負担になると考えて休むこともままならないという人も多いようです。

    また大きな問題点としてお給料が安いという徹底的な問題があります。どんなに魅力的な仕事でもボランティア以外は、生活するため、また自分の生きがいややりがいとして仕事をされており、そこに成果として頂けるのがお給料です。

    保育の仕事は体力面でもかなりきつく、また人の子供を預かっているという責任ある仕事なので精神的にも疲弊することが多い仕事です。それなのにお給料は20万くらいから30万、地域によっては勤続20年以上というベテラン保育士さんでも、20万いかない平均月給ということもあります。

    こうしたお給料面などを上回る魅力がある仕事だからこそ、保育士さんは継続して仕事されているのですが、人材不足、待機児童がある中、保育士さんがより魅力だと思えるお給料体勢にしなければこの問題は解決していかないのではないかとも、感じます。


    ★ 関連外部サイト~保育士~ ★
    保育士の求人を探している方の中には、「給与面を重視する」という方も当然いることでしょう。こだわりの条件で求人を探すのは大切ですが、気力のいる作業でもあります。こだわり条件を設定して探すことができる保育士求人サイトがありますので、給与面で不安な方でも自分に合った求人を見つけられるのではないでしょうか ⇒ 保育士 求人